【ラインメンディング】

初心者の方、釣りを行っている際のラインのたるみやテンションを張るなど管理をちゃんと行っていますか?

今回は、ラインメンディングについて説明したいと思います。

ラインメンディングって何?って方は多いと思います。

ラインメンディングとは

ラインメンディングとはline(紐・糸)という言葉とmending(修繕・繕う)が合わさった言葉です。

釣りを行う上でラインを管理することを全て、「ラインメンディング」と言います。

ラインメンディングについて

ラインメンディングはどんな時におこなうのか?

ラインメンディング自体、皆さんは無意識におこなっているもので、意識してするものではないと思います。

でも、意識してラインをコントロールできるようになれば、一流の釣り師、エギンガーになれると思います。

ラインメンディングを行うタイミング

・キャスティング後のフリーフォールやテンションフォールのラインスラッグ(糸ふけの)の調整。

・ロッドをしゃくったあとのラインスラッグ(糸ふけ)、ジャーク時のラインの巻取り。

・風や潮でラインが流されたり、煽られた場合。

上記のような場合にラインメンディングすることが多いと思います。

ラインメンディングを使うテクニック

ラインの取り扱いについては、下記をご参照ください。

【フリーフォール】エギングで使うテクニック!

【テンションフォール】エギングで使うテクニック!

【カーブフォール】エギングで使うテクニック!

【ドリフト】エギングで使うテクニック!

「楽天アプリケーションID」もしくは「楽天アフィリエイトID」が設定されていません。「Cocoon設定」の「API」タブから入力してください。

「楽天アプリケーションID」もしくは「楽天アフィリエイトID」が設定されていません。「Cocoon設定」の「API」タブから入力してください。

「楽天アプリケーションID」もしくは「楽天アフィリエイトID」が設定されていません。「Cocoon設定」の「API」タブから入力してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました