【フリーフォール】エギングで使うテクニック!

 

エギングの初心者の方エギを底まで、ヒューンとテンションをかけることなく落とすことを何て言うか知ってますか?

 

フリーフォールとは

名前の通り

エギを自由にボトム(底)まで落としていくもので、エギをキャストした後にリールのベールを上げずにラインにゆとりを持たせたまま、重力にまかせてボトム(底)まで落とす技術です。PEラインが水面に浮くため真下には落ちずにやや手前に向かて落ちていきます。

 

エギの技術は?

エギの技術は、ほぼないです。テクニックというものは存在しません。ラインをたるませて落とすだけ。ただし、ラインがたるんでいるため、ボトムに落ちた感覚がわからなくなります。

そのため、どのくらいの時間でボトムまで落ちるのかをラインを軽く張って確認しておく必要があります。

エギは物によってはフォールスピードが記載されているものもあるため、参考にして深さを探ることもできます。

 

メリット

エギが不自然な方向を向くことなく、自然に落下していきます。エギはフリーフォール時に最高の姿勢で落ちるよう設計されていますので、フリーフォールで落とすことが最高の技術になります。

 

デメリット

ラインが張っていないため、当たりがわかりにくく、ラインの動きで判断しなければなりません。当たりがわからないために、しゃくってみたら釣れたってことはちょくちょくあります(笑)。

 

重要なこと

フリーフォールでは、フォール中にエギを操作することがないため、当たりを感じることも大事ですが、重要になるポイントは風や波を読んで自分が狙ったポイントへキャスティングする技術が重要になります。そのため、初心者の方はキャスティングの技術も磨いていけたらいいと思います。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました