エギング、波が高く(強く)ても釣れる?

エギング基礎知識

エギングをするときに波の具合って気になりますよね?

今回は、エギングをするときの波の高さによる影響について、記事を書いていきたいと思います。

イカへの波の影響

イカは基本的にはベイトフィッシュという、餌となる魚類や甲殻類といった生き物を探し行動しています。

そのため、天気が良く生き物の活性が高いと思われる状況であっても波が高いと、ベイトフィッシュの存在がないため、イカの活性も下がってしまいます。

ただし、これは海の表層の話であって、深層では波も強くないため生き物に影響はほとんどありません。

問題は、波の影響を強く受けている層がどこまであるか、それによってベイトフィッシュやイカたちへの影響が変わってきます。

ようするに、台風みたいに強く大きな風の日や猛吹雪の大寒波の日に釣りに行く人はいないと思いますが、表層は荒れていたとしても深層は穏やか生き物に影響がないため、きちんとボトムまでエギを落としシャクることができれば釣れるということです。現実的には無理な話ですが。

仕掛けへの波の影響

仕掛けについては、風や波によってラインが流されることでエギが不自然に動いてしまうことが一番影響が出るところだと思います。

対策としては、エギの重さを変えたり、エギに重りを付けるといった波による影響を受けにくくすることでエギをコントロールできるようにする方法が一般的だと思います。

環境への波の影響

波の影響はイカに限ったは暗視ではありません。

釣り場には人がいるものですよね。波の強い日にはあまり人はいません。釣るチャンスですね。

ただ釣りやすいのは波の穏やかな日。

釣り人が多いとイカも逃げてしまうことが多いので、釣り場環境としては、人の少ない環境で波の穏やかな日を選びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました