【ただ巻き】エギングテクニック

エギングで使えるテクニック

 

今回は、ただ巻きについて話します。

初心者の方でも必ず一度は見聞きすることとなります。釣りをしてる人ならだれでも知ってるような基礎中の基礎です。

簡単テクニックですのでしっかり覚えてください。

 

ただ巻きとは?

ただ巻きとは名前の通り、「ただ」「巻く」ことです。簡単ですよね。

しかし、ただ巻きはとても重要なテクニックであるため、「釣りはただ巻きに始まり、ただ巻きに終わる」という言葉があるくらいです。

 

ただ巻きのやり方

ただ巻きは底をズルズル引っ張る「ズル引き」という釣り方とは違い、下層から上層の範囲を始めから引っ張り続ける方法。

もう一つは、引っ張る沈めるを繰り返しながらおこなうただ巻き方法があります。

 

ただ巻きのポイント

ポイントとしては、不自然な動きをなくすために、速度は一定に保つこと、軽くフォールを入れる時も再びリールを巻くときは同様速度で巻きます。

そして、竿先を固定することです。竿先を固定することは、先ほども言ったように不自然な動きを極力無くすことです。

イカは一度違和感や餌でないことを感じてしまうと非常にスレてしまう性質があるため、「ただ巻き」だから適当でいいやでは、釣れるイカも釣れなくなるためしっかり練習してください。

 

ただ巻きを使うタイミング

エギングでただ巻きを使うタイミングは、活性が高い時であれば、どんなイカでも食いついてくるので活性が高いか確認できるとき(秋アオリ、新子が沸いてるときなど)にお勧めです。

他には餌巻きスッテを使うイカに対して使うことが多いです。対象魚はアカイカ、スルメイカ、ヤリイカが大半です。

また、ただ巻きを行うタイミングは潮の流れを探る時やイカの活性を探る時などに使うことがあるため知っていて損はないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました