イカの美容効果について

イカの美容と健康

みなさんはイカに美容効果があるをご存知でしょうか?

イカは見た目や匂い、触感などから好き嫌いが分かれる食材ではあります。

しかし、野菜以外の肉や魚とは違う栄養素、美容効果を持っているのです。

イカと美容効果

イカの美容効果として基本的な認識では低脂肪、低カロリー、高タンパクというのが有名ですね。

含まれる栄養成分で美容効果が強いのはタウリンです。魚介類の中でも上位に位置します。

※タウリンについては「イカの持つ栄養素「タウリン」って何?」をご参照ください。

他には、皮にはコラーゲンが多く含まれていますし、水産性タンパク質、不飽和脂肪酸、ベタインなども含まれています。

上記にコラーゲンと記載しましたがコラーゲン自体は経口から摂取しても体内で消化、分解されてしまうため美容効果を発揮できません。

イカスミの中にも「ムコ多糖類」という成分が含まれています。

※ムコ多糖類については「イカ墨に含まれるムコ多糖類は美容に効果あり!?」をご参照ください。

 

スルメイカと美容効果

スルメイカは食べるというよりも噛むという行動に美容効果があります。

噛むとどういう働きがあるかというと消化吸収が促進され、胃腸の整腸作用が働き便通が良くなります。

唾液の分泌量が増え、口腔内の細菌の繁殖を抑え、口臭が減少します。

ストレスの発散、脳の機能の向上

干しスルメイカの表面に白い粉がついているのを見たことがあるでしょうか?あれは、ベタイン、タウリン、アスパラギン酸、グルタミン酸、ヒスチジンなどの混合物が表面に浮き出てきて結晶化したものです。そのため、表面の結晶を摂取することで様々な栄養素を取り込むことができます。

そして、干しスルメイカには特に注目してほしい成分としては、アルギニンが多く含まれていることです。

アルギニンは若返りホルモンと呼ばれ成長ホルモンの一種になります。コラーゲン、タンパク質、ヒアルロン酸の生成を促進し、肌に張り、弾力性、保湿性をもたらすと言われています。

また、コラーゲンの問題ですがそれについてはビタミンCを摂取することです。ビタミンCは体内でのコラーゲン生成を促進させるため、経口から摂取できないコラーゲンにおすすめです。

 

イカの塩辛と美容効果

イカの塩辛は塩分濃度が高く、しかもイカの皮を剥ぐためコラーゲンが少なくなっているため、あまり美容効果としては少ないように感じますよね。コラーゲン自体は経口から摂取しても意味はないです。

しかし、イカを生で食べるよりもミネラルやビタミンAはイカの塩辛にすると増えるんです。ビタミンAは何と10倍になると言われいます。

また、イカの塩辛の酵母菌はビールの酵母菌の1.5倍あり、整腸作用に良いと言われています。

問題はその塩分です。

対策としてはカリウムの多い食品と一緒に摂取することで、塩分の排泄を促進することができます。カリウムは果物に多いですが、他にもアボカド、ホウレンソウ、納豆、枝豆などがあります。

上記でも書きましたがコラーゲンは経口からでは摂取できませんのでビタミンCの摂取をお勧めします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました