【基本のジャーク】エギングで使うテクニック

 

今回はエギのしゃくり方の一つ「ジャーク」について説明します。英語表記では「jerk」です。意味は名詞・可算名詞で、急にぐいと引くこと、ぐいと押す(ひねる、突く、投げる、持ち上げる、止まる)です。

これは、僕が得意とするアクションなんですが、初心者の方にとって一番やりやすいアクションだと思います。

だから、僕が得意なんですd(^_^o)

ここで説明するのは、ロッド、リール別にどう操作するかですので、リアルで使用するアクションではありません。

 

Squid

 

ロッドアクション

ロッドは手首をクイっと上下させるだけ。

だいたい、ロッドを水平にして45度くらい上げて、すぐに水平に戻す感じです。

ここでは水平で説明してますが、時と場合で臨機応変です。

 

リールアクション

ロッドを上下させた後、糸ふけ(ラインスラッグ)が出来るため速やかにリールを巻き糸ふけを取りラインにテンションをかけます。

 

エギの動き

ジャークはしゃくりと違って、大きく振り上げることはないため、横方向に小さなダートをします。ジャークを繰り返すことで、左右にジグザグに動き、アピールすることができます。

 

ジャークの種類について

ジャークには幾つか種類があり、ロッドを上下させながらリールを同時に素早く巻くジャークをショートジャーク、一定間隔で巻くワンピッチジャークとかあります。ほかにも種類があるので次回書きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました