エギングの知識

【 インプルーブド・クリンチ・ノット 】超簡単!スナップとリーダーの結び付け

エギングの知識

今回解説するのは、もっとも簡単なスナップとリーダーのノットになります。
釣りに必要なのノットは「速い」「強い」「簡単」の3つですね。私がそれに最も近いと考えるのがこのインプルーブド・クリンチ・ノットです。

じゃあどんなノットか説明していきましょう。

内容

■クリンチノットとは
■インプルーブド・クリンチ・ノットとは、結び方、動画

クリンチ・ノットは基本

クリンチは、英語で「clinch」と書きます。意味は「突き出た先を折り曲げて留める」「先をつぶす」「締めつける」「固定する」となります。
クリンチノットが基本というのは、「速い」「強い」「簡単」3拍子揃った最強のノットそれがクリンチ・ノットと言われていたからです。

で・す・が!

最近のラインは製造方法、工程がよりよい方法へと改良されていったことでラインの性能が上がり、摩擦係数が減ってしまったのです。つまりすごいつるつるになったってことです。そのせいで今まで最強だったクリンチ・ノットがほどけやすくなってしまうという問題が出てきたのです。

そこで考え出されたのが。

インプルーブド・クリンチ・ノットです。

クリンチ・ノットの動画

ダブルクリンチ・ノットの動画

インプルーブド・クリンチ・ノットの説明

インプルーブドは英語でImprovedと書きます。意味は「改善された」って意味になります。
ということは、改善される前のノットがあったということですね。それが「クリンチノット」です。
「クリンチ・ノット」「インプルーブド・クリンチ・ノット」「インプルーブド・ダブルクリンチ・ノット」の解説です。

インプルーブド・クリンチ・ノット

インプルーブド・ダブルクリンチ・ノット

インプルーブド・クリンチ・ノットの説明をしましたが、クリンチノットは現在でも全然ダメかっていったらそうでもありません。実はなかなかほどけないんです。それは、僕が実体験で実証積み。力いっぱい引っ張ろうが、根がかりしようが外れにくい。皆さんもやってみて体験するのが一番です。

今回、針とリーダーのノットについて話しましたが、やっぱりノットの方法は色々あるので自分で好きなものを選んでそれを続けることこそが一番簡単にノットができる方法、というか技術を身につけることが大切だと思いますので皆さん頑張ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました