エギング用品

【ベイシックジャパン SHACKER】最安エギングロッド!

エギング用品

  今回紹介するのは、ベイシックジャパンの「SHACKER(シェイカー)」です。

このロッドの最大の特徴は値段!!!

 

 

SHACKER(シェイカー)とは

SHACKERはベイシックジャパンの販売するエギングロッドです。 注目すべきは、その販売価格、2500円台~という安価。 2018年現在、「SHACKER SUPER EGING ROD(SHACKER SP)」という名称へ変更となっています。  

SHACKERのスペック

SHACKERのサイズは下記では規格とある部分で、7フィート6インチ、8フィート、8フィート6インチの三本があります。

JAN 規格 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) エギサイズ(号) 適合ライン
4544647042017 7’6″ 2.31 2 116 140 2.0/9.9 2.5~3.5 PE0.8〜1.2号
4544647042024 8’0″ 2.43 2 125 150 2.0/10.5 2.5~3.5 PE0.8〜1.2号
4544647042031 8’6″ 2.61 2 130 160 2.0/11.0 2.5~3.5 PE0.8〜1.2号

 

SHAKERのメリットって?

SHAKERのメリットって? そりゃあ、安いからにきまってるでしょ!って思いますよね? 

そう!安いから!これが一番です。

初心者が始めてロッドを振るときに問題となるのはどれくらいの強さでロッドを振っていいか。慣れてる人ならこれくらい大丈夫だよと思うかもしれまえんが初心者は怖いんです。

ロッドが折れるのが! 僕も根掛かりでロッドを折ってしまったことがあります。 そこまで強く引いてないはずなんですけ折れちゃいました。

そうなんです!初心者は値段の高いロッドって、どれくらいの負荷にロッドが耐えられるかわからないから不安になるんです。だから思いっ切りロッドを振れないし、しゃくれないんです!

初心者の悩みですよね(汗)

そこで、このSHACKERの出番です。 このSHACKERが誇るコストパフォーマンスは初心者にとっては安寧をえられるんです。

僕も藻が多く発生してたり、潮の流れが速いとき、練習するときなんかはSHACKERを使用しています。

やっぱり怖いんでね(汗)  

 

レビュー

 

 

扱い易い調子。ややスロー気味の調子で、ウェイトを乗せてキャストし易く、値段の割には感度も良い。ベイシックジャパンのロッドは安い割には、見た目も良い。

安くて良い安い、軽い、使いやすい。ジョイント部分も外れることなく、良い買い物をしたと思います。

あんまり安すぎるロッドを買う人もいないかもしれませんね。各ショッピングサイトにレビューがありますので見てみてください。

 

SHACKERの使用感

値段は何と!1本3000円以下で購入可能と超お得なエギングロッドです。

僕は8フィートの物を購入して使用してみました。

素材については、グラスと書かれているところも見受けられますが、カーボンを含有しているのか確認できていません。

ですが、エギングをする上では3.5号までのエギに対応しているので強度もあり、それなりの柔軟性があります。

ティップが少し硬いのと自重がちょっと気になるところですがエギングをする上では全く問題ない感じです。

値段と比べてもロッド自体のパフォーマンスは高いように感じます。

値段や性能が釣果にどれだけ影響するのかは解りませんがエギングをするには全く支障はないです。

 

 

 

おわりに

安いロッドだから駄目だじゃなくて、使ってみたらしっくりくることもありますので、予備として一本持っておくのもいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました