エギングの知識

エギングで使うリールは「 ダブルハンドル 」の方が便利なの?

エギングの知識

皆さん、エギングリールにはどんなハンドルを使用されていますか?エギングではダブルハンドルが良いと言われています。何故シングルハンドルよりもダブルハンドルのほうが良いのか。今回は、ダブルハンドルのメリットデメリットについてお話していきます。

内容

■ダブルハンドルとは
■メリット、デメリット
■デメリットへの対策

ダブルハンドルとは

リールには「シングルハンドルダブルハンドル」の2種類があります。

ハンドルのグリップ部分にも丸形、棒型などの種類があります。これは、リールが自分に合ったオリジナルにカスタムできる用に作られています。

ダブルハンドルは釣る対象によって善し悪しがあり、エギングではシャクるためにハンドルから手を離すこともありハンドルが二本あることで、直ぐにハンドルを掴むことができるため取り回しがいいのと、ヒットしたときに迅速な対応ができるなどダブルハンドルの方が便利な機会が多くおすすめです。

↓エギングでのダブルハンドルの解説

ダブルハンドルのメリット

ダブルハンドルのメリットは1番に空振りしないことです。エギングではしゃくりというテクニックを多用します。ラインスラッグ(糸ふけ)を取り除いたり、(素早くという素早く竿を振りながらリールを巻く技術)を使うため、キャスティングしたあとリールハンドルをミスなく掴み素早く巻く必要があります。そのため、ダブルハンドルを使用することでハンドルの掴み損ねを減らすことができます。

2番目にハンドルバランスです。シングルハンドルでは片側しかハンドルがないため、リールを巻く際に遠心力が働き竿が振れてしまいます。しかし、ダブルハンドではハンドルが対にあるためバランスが良く竿が触れることが少なくなります。また、ハンドルが勝手に回ってしまうこともなくなるので、過剰なラインの巻取りが少なくなります。

ダブルハンドルのデメリット

ダブルハンドルのデメリットは重量です。シングルハンドルに比べダブルハンドルになると重量が15g程度増えてしまいます。エギングにおいては重量は重要になり、しゃくり続けるための大きな要素になります。自分の筋力に自信がある方なら気にしなくてもいいかもしれません。

デメリットへの対策

はじめは、使い慣れないと思いますがダブルハンドルは、やはり取り回しの良さが際立っています。見た目的にもエギンガーらしさが出るので好きですね。カスタムパーツによってはデメリットの重量も軽量化できるのでいいのではないでしょうか。安いカスタムパーツもあるのでお好みでカスタムしても面白いかもしれません。

ZEROGRA ダブルハンドル

2019年最軽量のダブルハンドルとして、有名になった商品。

ハンドルピッチ( 幅) は、65mm と前作から2mm ロング化。 ロング化したにも関わらず、その重量は11.1g(※1) と前作から24.5%もの軽量化に成功しました。 今回、まずはノブの見直しから入り、これまでの樹脂(POM) からアクリルへ変更。アクリルの大きな利点は、軽くて硬いという利点です。硬ければ当然、感度面の向上が図れます。 重量も樹脂(POM) に比べ20%軽く、形状変更も伴って僅か1.0g のノブが完成しました。 超々ジュラルミンから削り出したプレートやシャフトも、細部に至るまで徹底した肉抜きを敢行。 これにより、世界最軽量(※2) を大幅に塗り替える、驚異の軽さを実現しました。この驚異の軽さ、感度を是非体感して下さい

出典:株式会社Thirty Four

DAIWA エメラルダス エア

2021年最軽量のリールを実現したDAIWAの「エメラルダス エア」4タイプ

FCモデルのシングルハンドル仕様はエギング史上最軽量。⾃重は、なんと「160g」。2.5号〜3.0号程度のエギをメインに使⽤する秋イカにオススメ。圧倒的な軽さはアオリイカのアタリはもちろん、僅かな潮流の変化をも感じとれる感度に貢献する。移動距離を押さえたテクニカルな誘いに対応しやすいノーマルギアを採⽤。

出典:DAIWA

FCモデルのダブルハンドル仕様。⾃重は、ダブルハンドル+パワーラウンドEVAノブ×2個を搭載しながらも超軽量の「180g」。ダブルハンドル仕様により、シャクった後にハンドルの重量で勝⼿にハンドルが回転する事が無く、ラインを⾒てアタリに集中する事が可能。2.5号〜3.0号程度のエギをメインに使⽤する秋イカにオススメ。圧倒的な軽さはアオリイカのアタリはもちろん、僅かな潮流の変化をも感じとれる感度に貢献する。移動距離を押さえたテクニカルな誘いに対応しやすいノーマルギアを採⽤。

出典:DAIWA

パワフルな巻き上げが可能なエギングオールラウンドモデルのLT2500-XH。⾃重は「180g」。エクストラハイギアの巻き重り感を解消する為に、55mmのシングルハンドルをセレクト。シリーズ最速の巻取り⻑87cmを⽣かし、スピーディーなゲーム展開が可能。また⼈気のティップランや、イカメタルのキャスティング釣法にもオススメの1台。

出典:DAIWA

パワフルな巻き上げが可能なエギングオールラウンドモデルのLT2500-DH。⾃重はダブルハンドル+パワーラウンドEVAノブ×2個を搭載しながらも「195g」を達成。ダブルハンドル仕様により、シャクった後にハンドルの重量で勝⼿にハンドルが回転する事が無く、ラインを⾒てアタリに集中する事が可能。また⼈気のティップランや、イカメタルのキャスティング釣法にもオススメの1台。

出典:DAIWA

コメント

タイトルとURLをコピーしました