【エギングとは】

今回は簡単に「エギングとは」についてのお話です。

エギングとは

エギングとは、エギという疑似餌(ルアー)

「楽天アプリケーションID」もしくは「楽天アフィリエイトID」が設定されていません。「Cocoon設定」の「API」タブから入力してください。
「楽天アプリケーションID」もしくは「楽天アフィリエイトID」が設定されていません。「Cocoon設定」の「API」タブから入力してください。
「楽天アプリケーションID」もしくは「楽天アフィリエイトID」が設定されていません。「Cocoon設定」の「API」タブから入力してください。

を実際の餌となる生き物のように操り、イカを捕食させて釣り上げる手法です。

エギを用いて釣りをすることを エギ=egi egi+ing(現在進行形)でegingと書いてエギングと読みます。

エギングを行う人のことを eging+~er(~する人)でegingerと書いてエギンガーと読みます。

エギを使用する釣り方全般をエギングと言います。

エギングの歴史

エギングの歴史が始まったのは江戸時代末期、薩摩で海に落ちた松明の破片にイカが抱き着いたことから発祥したといわれている。文献では江戸時代に薩摩で曳き型漁(ひきがたりょう)が行われていたという記録も残っているようです。エギの形状も山川型、大分型とあり九州地方が発祥という根拠の一つにもなっているようです。

というのが、どこのサイトでも書いてある通説のようです。

wikipediaでは下記のように記されており、実際には明確にはなっていないようです。

鹿児島県歴史資料センター黎明館の学芸員がシマノの取材に対して語った所によれば、明確な文献は残っていないが、奄美大島で発祥し、江戸時代中期から末期にかけて種子島を経由して薩摩に伝わったのではないかと推測されている。同センターには当時の餌木が収蔵されており、奄美では大型の魚型であったのが薩摩では小型になり、時代が下るにつれて細いエビ型になったり焼き付けによる模様付けが行われるなど、現在のものに近づいていくのが分かる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました