【ムコ多糖類】イカ墨に含まれるムコ多糖類は美容に効果あり!?

 

イカ墨の美容・健康への効果が高い成分としてムコ多糖類という成分が有名なんですが、みなさんムコ多糖類って何?なんでイカ墨なの?という疑問に思うと思います。それについて説明していきます。

 

 

ムコ多糖類とは?

ムコ多糖類は英語でmuco(ムコ) polysaccharide(多糖類)と書きます。

ムコとは

ムコというのは、ラテン語から来ておりmucos(動物の粘液)という意味を持っています。動物性の粘液を保有している部位は昔から栄養価が高く、美容や健康のために用いられてきました。例えば食品では鳥・豚・牛の筋や軟骨や臓物、魚のあらやにこごり、動物や魚のだし汁、すっぽん、うなぎ、ツバメの巣、エスカルゴなどがあります。これらは美容や健康の対象として取り上げられることがあるので皆さんもご存じだと思います。

ただし、過剰な摂取では体に悪いだけなので、必要量の摂取に抑える必要がりますので注意して下さい。

多糖類とは

多糖類は、多種の糖類が存在しているという意味で、糖鎖という各種の糖が2つ以上の多数結合したものをいいます。
多糖類の代表的なものでコンドロイチン硫酸・ヒアルロン酸・ヘパラン硫酸・デルマタン硫酸・ケラタン硫酸・ヘパリンなど様々なムコ多糖類があります。

 

ムコ多糖類の効果

人間の体は加齢に伴い徐々に様々な機能が低下していきます。基本的に人間のピークは18~20歳前後で25歳前後の身体の内部からの老化現象が始まります。

外見的には大きな変化がないものの、実はムコ多糖類の体内での合成カが衰えているのです。そのため、体内保水率が落ち身体が乾燥しやすくなったり、皮膚のたるみやシワの出現といった現象が起こり始めてきます。

ムコ多糖による栄養の運搬、老廃物の排泄

上記でも説明しましたがムコ多糖類の一番の能力は水分の保持力にあります。

体の水分が減少することで体全体の新陳代謝が低下し、肌に関しても表皮細胞への栄養の運搬も老廃物の排泄も毛細血管内に十分な水分があってこそ効率的に行われるため、ムコ多糖類による保水力が必要になるわけです。

ムコ多糖による肌のハリの保持

肌のハリを保つ成分として必要なのは代表的なのは「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」です。

コラーゲンとエラスチンは皮膚細胞上では繊維同士で絡み合い形を形成しています。その中にヒアルロン酸というムコ多糖類がゼリー状の物質で存在することで肌のハリをたもっています。つまりコラーゲンとエラスチンを体内で生産できたとしても形を作るだけでその中を満たすヒアルロン酸が少なければハリのある肌を作ることはできないのです。そのため、ムコ多糖類の生成が必要になてくるのです。

 

ムコ多糖類は消化される!

ここまで書いて、みなさんの期待を裏切るようですが、ムコ多糖類を経口から摂取しても高分子であるため吸収されず消化されてしまうため、ムコ多糖類そのままの形で吸収されることはありません。

しかし、ムコ多糖類を構成するもとから吸収することでムコ多糖類の生成を促すことができます。糖鎖を構成する糖はグルコース、ガラクトース、 マンノース、フコース、キシロース、 N-アセチルグルコサミン、 N-アセチルガラクトサミン、N-アセチルノイラサミン酸の8種類グルコースとガラクトースは普通の食事から摂取することができますが、残りの6種類に関してなかなか摂取する機会がありません。これらを含んでいるものとしては上記で書いたムコが含まれているもの鳥・豚・牛の筋や軟骨や臓物、魚のあらやにこごり、動物や魚のだし汁、すっぽん、うなぎ、ツバメの巣、エスカルゴになります。これらからムコ多糖類のもとを摂取することで体内での精製を促進させることができます。

 

まとめ

1.ムコ多糖類は直接吸収できない

2.ムコ多糖類は素から摂取することで体内で合成されやすくなる

3.ムコ(動物の粘液)が混ざったものを摂取する

4.手軽に食べられるイカ墨料理を食べる

以上でイカ墨とムコ多糖類の話を終わります。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました