イカの持つ栄養素「タウリン」って何?

 

イカのタウリンの含有量が豊富なことについて、結構話題になることがあります。

今回は、イカに含まれる「タウリン」それがいったい人の体にとってどのように有益なのか、どんな効果を持っているのか調べてみました。

 

タウリンって?

タウリンは牛の胆汁に含まれる成分として初めて発見されました。

タウリンの名前の由来はラテン語で雄牛を意味するtaurus タウルスを文字って名づけられました。

タウリンは様々な動物のた以内に存在していますが、イカなどの軟体動物に特に多く含まれています。

タウリンの主な作用は、

肝機能の向上、コレステロール低下、動脈硬化予防、高血圧予防、目の網膜を守る効果、むくみの予防、便秘予防、疲労回復、脂肪肝、糖尿病、ダイエットなどの効果があると世間一般には言われています。

 

実際のタウリン

実際のタウリンについては文献が少ないため、あまり信用性はないようです。ゴーヘルシーさんのサイトで説明されています。

http://go-healthy.jp/taurin-effect-1162

 

まとめ

・タウリンの実際の効果については不明な点が多い

・世間一般的に言われている効果を信用するなら有用である。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました