【アオリイカ】障泥烏賊の名前の由来

 

アオリイカって何で障泥烏賊って漢字で書くかご存知ですか?

 

 

イカという呼び方

「イカ」の名前は、その姿形から「しい(いかめしい)」「つい(いかつい)」がのイカという言葉が語源である説や、「い」が「白い」、「か」が「堅い」で「いか」と呼ぶ説、などがある。

 

烏賊の漢字の由来

あまり、烏賊という漢字に対しての情報がないですが、以下のようなことから「烏賊」と書かれるようです。

滝澤馬琴の『俳諧歳時記栞草』に『其の性、鳥を嗜(たしな)み自ら水上に浮かぶ。飛ぶ鳥、此れを觀て、死せりとし此れを 啄(ついば)む。即ち巻取りて水に入り、此れを食う。因って、烏賊(うぞく)と名附く。』と謂う話が載せられて居る。此れは、 烏賊が死んだ振りを仕て水面を漂い、此れを捕獲せんとして舞い降りて來る鳥を逆に捕まえて食すと謂う策略

引用:烏賊の王様

と『南越志』という古書からの引用したと書いてあるらしいです。

また、中国の古書「南越志」に、「イカが水面に浮かんでいると、カラスが死んでいるものと思いついばみに来る。そうすると、烏賊は十本の腕でカラスを巻き取り、水中に引き入れて食べるので、カラスを賊害する者として記載されているそうです。

上記のことからわかるように、中国の昔話の中よりイカがカラスを捕まえたことに由来して「烏賊」と書くようになったようです。

これが、一番有名な由来ですね。

イカの他の漢字

他にも「墨魚」「柔魚」「魷」「鰇」「鯽」「鰂」「鱡」このような感じが当てられているみたいですが、はっきりとした理由は分かっていません。

「柔魚」「魷」「鰇」この三つは同じ漢字で、「柔魚」を1文字にして「魷」「鰇」と書きます。

「鰂」「鱡」「鯽」この三つも烏賊という漢字から来ており、「烏鰂」「烏鱡」と書く場合もあるそうです。

「魷」これの漢字は、寿司屋や和食屋で見かけることが多いかもしれません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました