【エギングをはじめるstep1準備】

 

エギングをするなら、まず必要なのは釣るための道具ですよね。

 

最低限の必要物品

最低限必要なものとして、ロッド、ライン、エギ、リールが必要です。

下記でロッド、ライン、エギ、リールの説明の記事を紹介します。

ロッド

まずは、ロッド(竿)これがないとただ散歩してるだけの人に見えます。

http://eging-method.com/rod/

 

ライン(道糸・リーダー)

次にライン(道糸・リーダー)、最悪リールがなくてもロッドに結べば何とかなるかもしれません。

【ライン、エギングに必要なもの】 - エギングメソッド
釣りを行う上で使用する糸は2種類あるんですが。わかりますか? 釣りで使用する糸の一つはライン(道糸)といって、リールにあらかじめ巻いてある糸のことです。もう一つはリーダーまたはハリス(仕掛け糸)といってラインと針の間を繋

 

エギ

次がエギ、エギがなければエギングではないですね。エギがないときは魚でも捕まえて餌にしましょう。針はないですけどね。

http://eging-method.com/egi/
404 NOT FOUND | エギングメソッド
エギングにおける知識、技術、態度についての情報を提供していくサイトです。

リール

あとはリールがあったほうがいいですよね。最悪なくても何とかなります!

404 NOT FOUND | エギングメソッド
エギングにおける知識、技術、態度についての情報を提供していくサイトです。

 

これで、一応アオリイカエギングを行うことはできます。でも実際はこれだけでは、そんなにうまくはいきません。

まぁわかりますよね。

 

その他あったほうがいい物

イカを絞める道具、ピックですね。イカは生きたままでは墨を吐いたり、袋をかみ破ってしまうことがあるので容易に持ち帰れないです。スカリという網に入れて海に入れておいて、持ち帰るときに絞める方法もあります。

次にあったほうがいいのは、持ち帰るときに使うです。クーラーボックスでもいいですが、かさばるときには袋が便利です。どんな袋がいいのでしょうか?持ち帰り時の袋の質も大事になります。

あとは、ハサミもあったほうがいいでしょう。釣りで最もよくあるトラブル、それがライントラブルです。ラインが絡まったとき、ラインを交換するとき、スナップをつけるとき、そのほかにもハサミを使う機会は多いでしょう。1つは持っておいてください。

下記でピック、袋、ハサミについての説明の記事を紹介します。

 

ピック

404 NOT FOUND | エギングメソッド
エギングにおける知識、技術、態度についての情報を提供していくサイトです。

 

ページが見つかりません。 - エギングメソッド
エギングにおける知識、技術、態度についての情報を提供していくサイトです。

 

ハサミ

404 NOT FOUND | エギングメソッド
エギングにおける知識、技術、態度についての情報を提供していくサイトです。

予備として

あとは、予備としてライン、スナップ、エギを持っておけば何かあったときに対応できると思います。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました