未分類

エギングロッドはメバリングに使えるのか?

 

今回はエギングロッドはメバリングに使えるのか?について解説したいと思います。

 

 エギングロッドとメバリングロッドの違い

エギングロッドとメバリングロッドの一番の違いはロッドの柔軟性です。

エギングロッドはしゃくりを行うため、硬く丈夫に遠投できるよう8フィート程度で作られていることが多いです。

それに比べ、メバリングロッドはキャスティングの精度を上げるため7フィート程度が理想です。そして、メバルとの引き合いを楽しむため、柔軟性がある必要があります。

 

エギングロッドがメバリングにすすめられない理由

長さ自体はキャスティングの精度は落ちますがメバリングロッドでも8フィートのものもあり、あまり気にすることではありません。

エギングロッドでメバリングがすすめられない1番の理由は、エギングロッドの硬さが問題になるからです。

エギングロッドはしゃくりを行うために、柔軟性よりも硬さが強く作られています。メバリングロッドで柔軟性が求められる理由はメバルとの駆け引きを楽しむためですが、ロッドが固いとその引き合いの感度は半減以下になってしままいます。

結局は「あれ?何か重たいな」程度の感度になってしまい、まったく楽しくありません。

 

エギングロッドでメバリングをする方法

僕の経験になりますが、エギングロッドでメバリングは感度が弱くまったく楽しいものではありませんので辞めた方がいいです。

様々なエギングロッドはありますが硬さについてはどれも同等でメバリングに使えるようなものはないように感じます。

メバリングをするなら、それに匹敵するようなロッド。例えばアジングロッドやバスロッドを使用することをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました