【ズル引き】エギングテクニック

 今回は、「」について話します。
ズル引きはコウイカやタコを釣るのによく使われますね。
この釣り方もよく聞くテクニックだと思います。簡単なテクニックですのでしっかり覚えてください。

」とは?

」とは、基本的には底に身を潜ませているようなコウイカやモンゴウイカ、タコなどを狙う時に使用します。
 表現的にはズルズルと引くだけのイメージであっているともいます。

ズル引きのやり方とポイント

なるべく遠くまで投げる

 「シャクり」と違い常にラインを巻き取るためある程度飛距離がないとすぐに、足元まで戻ってきてしまい、ヒットする可能性が下がりますし、岸に近づきすぎれば狙っている魚やイカも逃げてしまいますので、遠くへ飛ばすキャスティングの技術も必要なります。
 しかし、重りを付けていることがほとんどだと思いますのである程度は飛距離が出ますので、無理に飛ばそうとしなくてもいいかもしれません。

ラインの弛みをとる

 ラインのテンションは常に張った状態にしましょう、対象がコウイカやタコだった場合は、強く引くことが少ないためアタリが分かりにくいことが多々あります。

シャクってエギをアピール

 時々シャクって、アピールすることでイカやタコに認知させることができますので、頻繁には行わず。1回のキャスティングで1~5回程度行ってみてください。

リールの巻き方

 ゆっくりとリールを巻きます。3~5mぐらいでしょうか。ズルズルと引きます。ただし、この際に根掛かりが勃発しやすいので注意が必要です。極力藻場や岩がないような方向へロッドをコントロールする必要があります。足元もコンクリートだったりテトラポットが根掛かりの原因になることがありますので注意してください。リズムやテンポは気にしなくて大丈夫です。

エギをステイさせる。

 イカやタコは、ベイトフィッシュとなるエビや魚が動いているのを遠くからみて、ゆっくりと近づきます。そして、止まっているところを背後から捕食します。つまり、ステイさせている時が一番ヒットする確率が高くなるのです。
 そのため、意図的にステイする時間を作ることで、イカやタコに捕食機会を作ることが大切です。
 注意として、ロッドを動かしてしまうと、エギが微妙に動いてしまうため、イカやタコは、捕食対象が急に動いたことで、一時動きを止め様子を見てしまいます。そうなると心理的にヒットしないため再エギを動かし始めようとするためヒット率が低下します。極力動かさないようにステイさせてください。できるならば完全に動きを止めるのが理想的です。時間としては5~10秒ステイすればいいと思います。

ステイしなくてもいい

活性が高いときは、ステイしなくても大丈夫です。コウイカは夜釣りで集魚灯を点けている場合は、ベイトフィッシュが多く活性が高い場合はズルズル引くだけで釣れたりします。

【あす楽対応】プロトラスト(PRO TRUST)☆タコエギ スペシャル PT-8007 3.5号 ピンク【送料590円 1万円以上送料無料(北・東北・沖 除く)】

Posted by kaufunga