【ただ巻き】エギングテクニック

 今回は、「ただ巻き」について話します。
初心者の方でも必ず一度は見聞きすることとなります。釣りをしてる人ならだれでも知ってるような基礎中の基礎です。
簡単テクニックですのでしっかり覚えてください。

「ただ巻き」とは?

 ただ巻きとは名前の通り、「ただ」「巻く」ことです。簡単ですよね。
リトリーブ」と言ったりします。英語の「retrieve」だと「ありそうにない処から探し出す。を取り戻す、を回収する、を救う、を救い出す、を回復する」というような意味で使われますので気を付けてください。
 しかし、ただ巻きはとても重要なテクニックであるため、「釣りはただ巻きに始まり、ただ巻きに終わる」という言葉があるくらいです。

ただ巻きの種類

 「ただ巻き」は底をズルズル引っ張る「」という釣り方とは違い、下層から上層の範囲を始めから引っ張り続ける方法が基本となります。
 もう一つは、引っ張る沈めるを繰り返しながらおこなう、ただ巻き方法があります。

ただ巻きのやり方とポイント

手首の使い方

 リールのハンドルを握る腕は力を抜いておきます。そして、手首の力を抜き軽くハンドルを握ります。日本人の手首は外国人と比較して硬いため可動域が狭いです。それも踏まえて安定してハンドルを回す必要もあり、前腕から指先までの力を抜いて回転させルことを意識する必要があります。

速度

 一番のポイントとしては、不自然な動きをなくすために、速度は一定に保つこと、スピードをキープさせることです。軽くフォールを入れる時も再びリールを巻くときは同様の速度で巻きます。

 注意が必要なのが、重力による巻取りのリズムです。知っての通りリールのハンドルは上から下に巻くときに重力の影響を受けるためスピードが速くなります。逆に下から上に巻くときは重力の影響により遅くなるため、巻くリズムやスピードが変化しやすいので、意識してハンドルを巻く必要があります。

ロッドの固定

 そして、竿先を固定することです。竿先を固定することは、先ほども言ったように不自然な動きを極力無くすことです。ロッドの持ち手の動きは先端に行くほど大きくなるため、先端の動きを目視で確認し意識しながらロッドの固定をする必要があります。

イメージすること

 エギの動きをイメージすることは重要になります。海中にあるエギは目に見えないもの、それがどんな地形の場所でどう波の影響を受けているのか、イメージすることも、その時々に合わせた巻く速度だったり、状況に合させてアクションを変更していくためにも想像力を持ってイメージすることが重要になります。
 前提として、ボトム状況だったり、潮の流れを知っておくことも必要になります。

 イカは一度違和感や餌でないことを感じてしまうと非常にスレてしまう性質があるため、「ただ巻き」だから適当でいいやでは、釣れるイカも釣れなくなるためしっかり練習してください。

安定のダブルハンドル

 ダブルハンドルはアクションを多く行うアングラーに重宝されるものです。
ダブルハンドルのお良いところは、前後のバランスが取れいているところ。これはハンドルの反対側にも同じ形状のハンドルが付いているため、重力の影響を受けにくいという利点があります。そのため、リールの巻き方を意識することなく、ハンドルに軽く力を加えるだけで安定したハンドリングが行えます。
 そして、ハンドルを回す際にはハンドルを上から下に回す、すると反対側のハンドルが上に来るためそれを再度上から下に回すといった一方向の力を加えるだけでハンドルを回せるため、常に同じ力で同じスピードの回転を加えることができます。

【あす楽対応】シマノ(Shimano)☆アオリスタBB用のダブルハンドル(サハラ用流用)[アオリイカ仕掛け]【ネコポスだと送料190円 1万円以上送料無料(北・東北・沖 除く)】

ただ巻きを使うタイミング

 エギングでただ巻きを使うタイミングは、活性が高い時であれば、どんなイカでも食いついてくるので活性が高いか確認できるとき(秋アオリ、新子が沸いてるときなど)にお勧めです。

他には餌巻きスッテを使うイカに対して使うことが多いです。対象魚はアカイカ、スルメイカ、ヤリイカが大半です。

また、ただ巻きを行うタイミングは潮の流れを探る時やイカの活性を探る時などに使うことがあるため知っていて損はないでしょう。

Posted by kaufunga