春アオリの釣り方と必要な道具

 春アオリというとエギンガーの方たちの腕が鳴る時期ですよね。ではエギンガーは、なぜ春アオリに惹かれるのでしょうか?秋アオリと何が違うのでしょうか?今回は、春アオリの魅力とともに春アオリの釣り方と釣りに必要な道具について説明していきます。

春アオリとは

 春アオリとは交配、産卵のために春から夏にかけて浅瀬に集まってきた成体のアオリイカを指します。アオリイカは年魚であるため、1年で成体となります。昨年の夏に孵化した1cmにも満たない幼体が、1年かけて広大な海の修羅場を潜り抜け大きくなり成体となったもので、交配・産卵の産卵床となる海藻が茂る浅瀬、岩礁に集まってきます。
 また、春アオリは交配・産卵のために栄養を取ろうと捕食量が増えるため成体のアオリイカよりもさらに体が大きくなります。基本的にメスはオスよりも小さいですが1年という長い期間を日本海や太平洋という大きな世界を生き抜いてきた成体であるため大きいこといも多く存在します。メスの成体は平均1.5~2kg、オスは3kg前後まで大きくなります。

エギンガーが春アオリに熱中する理由

 エギンガーが春アオリに熱中する理由は、春アオリがエギを抱いたときの強い感触や激しい引きを楽しめ、エキサイティングなバトルが楽しめるためです。
先にも述べましたが、交配・産卵のため
 また、大きいアオリイカを釣るということがエギンガーにとっての名誉でもあるため、エギンガーは常に巨大なアオリイカを狙っています。

春アオリを狙うなら【モンスターアオリイカ】

春アオリは秋のアオリイカ(胴長が手のひら大から20cm程度)と比べ倍の胴長30~40cm、重さ2Kg前後から3Kgのものをいいます。しかし、それ以上のアオリイカで胴長50cm以上、3Kgオーバーのものもおり、それを「デカいか」や「モンスターアオリイカ」と呼んでいます。

【国内最大のアオリイカ】

国内では、Wikipediaでは6㎏以上のものもいるようですがネット上では正確な情報は得られませんでした。

下記の記事で紹介されているものが国内最大級のようですが、ショア(岸)から釣ったものではないようなので、ショアエギンガーとしてあまり魅かれません。

2017年1月19日鹿児島本土から94km離れた竹島(たけしま)よりカヤックから餌木でモンスター泥障烏賊()を狙っていたキーストンのフィールドモニター大園祐亮氏が見事に重量5,640g、胴長59cm 国内記録級のレッドモンスターアオリイカの捕獲に成功。

夢の日本記録級のモンスターアオリイカ5,64キロが竹島にて捕獲される!

春アオリを釣るのに必要な道具

春アオリを釣るには、秋アオリとは少し違う準備が必要になります。なぜなら春アオリはそう簡単には釣れないからです。どういた準備が必要なのでしょう?

春アオリに使用するロッドは、ロッドの硬さが気になるところですね。春アオリは重量がるため柔らかすぎると引き揚げ時にロッドの負担になってしまい折れてしまうこともあります。しかし、釣り上げる際にはロッドは誰しも折りたくないため考慮するので、特に気にすることではありませんね。

エギングロッドを選ぶ基準として重要なのは、どのような場所で釣るのか、どのようなしゃくり方、テクニックを使って春アオリを釣ろうとしているかがポイントになります。それによってロッドの硬さを考えてロッドを選んだほうがいいですね。メーカーによって5~7種類の硬さに分かれていますのでロッドを振ってみて自分に合ったロッドを選んでください。

 

メインの道糸(PEライン)ですが1㎏前後を狙うのであれば0.6号で良いと思います。さらに大きい大物が掛かることを考えるならば0.8号から1号を使用しておけば大丈夫です。

 ベテランエギンガーだと0.6号以下で春アオリとのバトルを楽しみながら釣り上げてしまう人もいます。初心者の方はオールシーズンでラインを使いたい方は0.6号ラインを使っておけば大丈夫です。
 エギングロッドでジギングやサビキなどを行う場合は、スーパーライトショアジギングでジグの重さが5~20g程度、ライトショアジギングで30~40g程度です。、オフショア専用ではない一般的なエギングロッドの使用できるエギの重さは3.5号(20g)か4号(25g)なので、PEラインもそれに合わせ1号程度のものを使用すればいいです。

は、0.8~1号であれば問題なく大丈夫です。これも同様にベテランの方だと細いものを使用している方もいます。ちなみに、ライトショアジギングを行う場合は5号のリーダーが必要になります。

エギですが、正直あまりにも小さくなければいいと思います。小さく捕食対象になりますが、アピール力に欠けるのと交配産卵に使う体力を温存しようと無駄な動きが少なくなった知性あるイカは、大きい獲物で捕食しやすいものを対象とするのだと考えます。そのため、よく言われているのは3号以上のエギで、エギ自身のアピール力(色、動き)があるもの、ラトルが付いているものや蛍光塗料が付いているもの、「EZ-Q」「パタパタQ」のように動きのあるものが有効です。

ギャフ・タモ

春アオリが釣れたあとに大変となるのが引き上げで。高い堤防の上か釣った場合アオリイカが重たすぎでロッドが耐えられない場合があり、最悪折れてしまうこともあります。そのため必要となるのがギャフやタモです。ある程度長さがあったほうがいいですが、自分メインとしている釣り場に合わせて選んだらいいと思います。

持ち帰る方法

持ち帰る方法は、保冷するならクーラーボックスが最もいいと思いますが、墨を吐かれた場合は掃除が大変です。掃除を気にせずのそまま捨てれる利点ではビニール袋が最もいいと思います。ですが敗れる可能性もあるため2重にすることをお勧めします。墨はスカリなどに入れて海中で墨を吐かしておけば綺麗なまま持ち帰れますし、鮮度も維持できるのでお勧めです。

DRESS フローティングスカリ

春アオリを釣る時期

春アオリが釣れる時期はゴールデンウィーク前後の水温が15度以上になる時期からが本番となります。水温の上昇とともに産卵の栄養を取るために捕食機会を増やし栄養を蓄えていきます。しかし春アオリは産卵行動に入ってしまうと、エギに全く反応しなくなるといわれており、そのため4月から6月いっぱいくらいまでが春アオリのシーズンとなります。温暖地方の長崎県以南はその限りではありません。

春アオリを釣るポイント(

基本的には、産卵に適した場所の周辺に集まっていることが多いです。藻場や岩場といった場所です。捕食を目的としている場合はベイトフィッシュが沸いているような場所にも集まっていることもあります。

春アオリは秋アオリと違って群れを形成する必要がないため単独で行動していることが多いですが、ペアリングお求めて移動しているため、続けて2匹釣れてしまうことも稀にあります。

春アオリを釣るテクニック

春アオリは秋アオリと違って、あまり大きく移動することはありません。

そして、獲物をじっと観察し捕食します。つまり警戒心が強く知能が高いためあまりビュンビュンしゃくったり、ジャカジャカリールを巻くようなアクションではなく、アピールアクションを少なくしフォール、ステイする時間を長く持つことでエギへの警戒心を取り除きながら誘うような技術が必要となります。

フォール、ステイで2~3分でもいいくらいです。動きを大きくしない変わりに、エギ自身にアピール力のあるラトルが付いているものや蛍光塗料が付いているもの、「EZ-Q」「パタパタQ」のように動きのあるエギを使用することもアクションを少なくしリアルなエビや魚の動きをさせることができるので有効です。
春アオリに対して、どうやったら釣れるのか考えて釣った一杯は最高の春アオリで、これが春アオリの醍醐味でもあるので、時間に余裕をもって心に余裕をもって春アオリエギングを楽しんでみてください。

Posted by kaufunga