【スローピッチジャーク】エギングで使えるテクニック

 

 

ピッチジャークにはショートピッチジャーク、スローピッチジャーク、ハイピッチジャークがあります。

前回ショートピッチジャークの説明をしたので、今回はスローピッチジャークの説明をします。

 

スローピッチジャークとは

スローピッチジャークの定義は各個人のサイトで定義が違うという記事を見まして、実際どういうものをいうのかわかりませんでした。

1番事実的な可能性として近いのは、ラインを巻き取る量を減らしてダート回数を多くするというようなものがスローピッチジャークなのではないかと思います。

要はスローピッチジャークは、ワンピッチ(1回転)ワンジャーク(1上下)をさらに遅くしたジャークで、ワンジャーク中にリールを1/2や1/3とラインの巻取り量を少なくすることで、キャスティングからエギを回収するまでの時間がゆっくり(スロー・長い)ものをスローピッチジャークというのではないかと考えます。

 

スローピッチジャークの手技

上記で書いてしまいましたが、スローピッチジャークはロッドをワンジャーク(1上下)に対してハーフピッチ(1/2回転)させます。ショートジャークよりもロッドを小さく振りラインスラッグ(糸ふけ)を少なくさせることで、1/2や1/3回転でラインスラッグを回収し、それを繰り返すことで、エギをダートさせます。

スローの名の通り、早くやろうとすると混乱してただのショートとジャークになってしまうので、ゆっくりやってリールを1/2や1/3回転と回せるように練習しましょう。

 

ちょっと今回の記事は、納得がいくような記事でないため今後追記、修正していきます。

Posted by kaufunga