エギが着底したかわからない

 エギが着底したかどうかわからないことってありますよね。特に初心者だと感覚も感じ取れないし、波や風でラインがあおられると余計わからない。
 今回は、エギが着底したのがわかる方法を解説していきます。

着底を目視で確認する方法

 まず、エギをキャスティング後、海に垂らしているラインと海面との接点を観察します。
 テンションを掛けない時のフォールでの着底では、テンションを張っていればピンとラインが張っているはずですが、それが力なくたるんだ時が着底したときのサインになります。これは、分かりやすいと思います。
 次は、常にテンションを張った状態のときです。エギが斜めに落下していくのに合わせラインも徐々に陸の方へ移動します。その際海面との接点にはV字の波紋が出現します。その波紋が消失したと時が着底したサインとなります。

目視で確認する方法のポイント

 これは、ラインと海面との接点よ観察できる状況を作っておくのが前提です。
 たとえば、風が吹いているなら、ラインが風を受けないように海面に近くまでロッドを下げティップを海面に近づ抵抗を減らします。
 他には、潮の流れが速いときです。これは、エギに重りを付け潮の影響を受けにくくするような対策が必要です。対策としてはエギ用のシンカーを使用したり、糸オモリをエギに巻き付け重くするなどが有効です。バランスが崩れないように取り付けてください。
 あとは、ラインと海面との接点を見やすくすることが重要なため、PEラインに色が付いたものや偏光グラスを使用して光の反射を抑えるなどすることが大事です。

着底を感覚で確認する方法

 感覚で着底を確認するには感度のいいロッドを使うの一番簡単ですが、そうもいきませんよね。
 初心者のうちは、キャストして着底したかなっと思ったところでリールを巻いてください。そこで、抵抗があるのを確認できれば着底しています。特に遠投した場合遠ければ遠いほど着底の感覚は薄くなります。そのため、一旦ラインを引いて確認するっていうのは当たり前にみんな行うことなので、これを繰り返して感覚を養ってみてください。
 続いて、一度着底を確認できた場合ですが、キャストしてフォールして着底するまでの時間を図るというのがあります。キャスト後エギが海に入ってからカウントをはじめ、何秒で着底するのかを確認し、同じ場所にキャストしてその秒数前後で必ず着底するため、感覚を集中しロッドに伝わる感覚を養っていく方法です。
 これは、最初にエギが着底したのを大体でカウントできているかが重要になります。カウントの数字は大体でいいので何度もキャストしてリールを引いて「着底してるな」ってのを確認してカウントしてみてください。あとは、しっかりロッドに伝わる感覚を感じ取れるように繰り返して行っていきましょう。

感覚で確認する方法のポイント

 使用する物品を感度のいいものに変えるのが一番です。ロッドを購入できるなら先径の細いロッド、ティップが細いものに変えてみるのがいいでしょう。できることならバスロッドやメバリングロッドなど魚との引き合いを楽しむような感度の高いロッドを使うのもいいでしょう。
 あとは、ラインを細いものに変えると感度が一気に上がります。風や波の影響も受けにくくなるため、上記でも説明したようにティップを海面に近づけ極力風の影響を排除すれば更に感度が上がります。

まとめ

 目視でも感覚でもエギング用品を使用すれば容易になっってしまいますが、やはり技術の向上も大事になってくるのでエギングに数行って釣れても釣れなくてもロッド、エギのアクションを習得していくことを心掛けてください。練習するのはできれば昼間の風のないベタ凪の時がいいと思います。

Posted by kaufunga