イカパンチってなに?

 今回は、イカパンチとは何なのか、イカパンチを知ることでどう役立つのかという疑問を解決していこうと思います。
 はじめに、イカの吸盤はタコの吸盤とは別なものなんです。どう違うの、何の目的で使うのといった、イカの吸盤の仕組みからイカパンチの仕組みまで説明していきます。

イカの触腕についてる吸盤は、「吸盤」ではない!

 まず、イカの触腕、吸盤について説明します。
イカの吸盤はタコと違い小さい鉤爪状のものが付いています。調理するときに触ってみると、ポロッと輪っかが落ちてきますよね。その輪を角質環と言います。角質環の周りに鉤爪が付いており、その鉤爪を自在に動かすことによって獲物を掴むように吸着します。

  出典:あすなろ学習室トップ

イカパンチとは?

 イカパンチとは、エギンガーの方がイカのアタリに名付けた名前です。
イカの捕食動作の流れでも書いたように、アオリイカの捕食動作とはで書いたように、触腕を伸ばし捕獲するときに感じられるものがイカパンチになります。

イカパンチの感触は?

 言葉で説明することは難しいですが、アオリイカのアタリは、サイズによりますが「コン」や「グン」といった引っ張られる感触を感じることができます。 
 「コン」はイカパンチで感じることが多く秋アオリが抱いた時も弱く「コン」と引かれ引いてみると釣れていたということがあります。
 「グン」というのは、言葉の通りイカがエギを抱いたときに特に感じるものでエギを海側へ持っていこうとするときに感じます。逆に岸側にエギを持っていこうとするときはラインの針が緩むため軽くなります。
 秋アオリのような小さいイカの場合はあまり感じないことも多々あります。

小さいイカや居食いでもイカパンチ()を感じる方法とは?

 小さいイカのアタリは、普通の安価なエギングセットを使用していたり、初心者であればほとんど感じることはありません。というか判りません(実体験)。また居食いという、エギを投げたその場にいたイカがゆっくりとエギを捕食することもあり、それはアタリをほとんど感じないといわれています。しかし実際には小さいイカであろうと、居食いであろうとアタリは必ずあります、だってエギを触って引いているのですから。

ロッドとラインを感度の高いものに変える

 ロッドを細く強度の高いものに変える。エギングロッドはしゃくりあげるために硬い作りになっています、そのため感度が鈍くなってしまっているのは周知の事実です。その代わりに使用するのはアジングロッド!小さいイカであれば、わざわざエギングロッドをしなくても感度が高く、小さいイカでも感度よくアタリを感じることができます。
 つづいてラインですがラインも細いものに変えれば変えるほど感度が上がります。ただしラインブレイクする可能性が高くなるのでほどほどの細さにしてください。

アタリを感じるテクニック

 方法は、まずリールから出たラインを手で軽く持ちます。手の感覚を研ぎ澄ませることでラインへのアタリの振動を感じることができます。
 これであれば、小さいイカでなければどんな種類のイカであってもラインのアタリの振動を感じることができるはずです。
 デメリットとしては、波や風によってラインが揺れる振動を間違って感じてしまうことです。これの対策としては、できることならサイトフィッシングで 秋アオリなど小さくてアタリが弱いイカで反復して練習を繰り返せば感覚を覚えることができます。

イカパンチがわかる動画

Posted by kaufunga