エギングロッドはジギングに使えるのか?

エギングロッドの応用

今回はエギングロッドがジギングでも使えるのかについて、書いていきます。

ジギングロッドがエギングで使用できるかではないですよ。エギングロッドがジギングで使えるかです。

エギングを始めた頃、エギングロッドが他の用途で使えないかと考えていました。ジギングロッドは長くて太くいからしゃくり難くそうなイメージが強いですね。

ジギングロッドの代用品として何か使えないかな?アジングロッドだと感度は良いけど耐えられないだろうな。バスロッドも高重量に対してもいけそうな気もするけどちょっと心配、エギングロッドの使用もその中の一つだった。

ちょうど、ほとんど使っていないエギングロッドが手元にあった。

 

エギングロッドとジギングロッドの違い

簡単に言うと、耐荷重が全然違います。

エギングロッドは最大のエギで7号(81g)のキャスティングに耐えられます。

ジギングロッドはメタルジグの重さが20gから500gまでと幅広くエギングロッドでは耐えられない重さまでジギングロッドは耐えることができます。

一般的なエギングロッドは3号(15g)までや3.5号(20g)までと決められたロッドが多く、1番軽いメタルジグにも耐えられないエギングロッドもあります。

ですが、春アオリ用の7.0号(81g)のエギに対応するエギングロッドもあるので、そういったロッドであればエギングロッドでジギングができなくもないです。

 

エギングロッドがジギングにすすめられない理由

一緒にジギングに行った連れが4.0号までのエギングロッドでジギングしてサゴシを釣ったこともありましたが、「折れるかと思った。」とつぶやいていました。
まぁ、釣れないこともないと言う証明をしてしまった感はありますが。

柔軟性の弱いエギングロッドでは、暴れ回る青物による負荷に耐えられない可能性もあるため、魚1匹にロッド1本壊されるコストを考えたら、止めておいて損は無いと思います。

 

エギングしながらジギングをする方法

秋アオリは力が弱いため感度の高いエギングロッドを使用したほうがいいですよね。でも夏・秋は青物の時期でもあったりしてジギングする方法はないものかと考えます。要は感度のいいロッドでエギもメタルジグも投げられればジギングが行えるってことですね。

それに、秋アオリに使用するリーダーや道糸の具合によっては秋アオリのあたりが全く分からなくなるので、青物による糸の切れやすさか、秋アオリへの感度か自分の納得いく調整を行ってみて下さい。最初の項で分かると思いますが、こういった4.5号までのエギが投げられるロッドであれば33gまでのメタルジグは投げられるので、エギングでもジギングでも使用できます。しかし、アオリイカの釣果は結構下がります。感度が悪くなる分バレやすくなります。

 

おわりに

いらない、エギングロッドでジギングしてみました。。サゴシで。

完全に折れるかと思いました。高さ5~6mの堤防から、「なぶらが立ってる」。わーって投げてやりましたよ。

がつん!やばいロッドが折れる。血の気が引いて、汗だくだくです、心拍数200超えましたよ多分。自業自得ですが。

速やかにロッドを倒してドラグがギーーーーー!ラインを出す、出す。

勢いが弱ったところでゆっくり巻いて、巻いて。

堤防から引き上げるときは神に祈りながら「暴れるんじゃねー、おめーなんていらないからロッドを折るな!」って。

釣りあげれました。ロッドは無事でした。

どうっすっか?

皆さんも、同じ体験をしてみると色々感じることができると思います。

チャレンジ精神も時には大事です、釣りって寿命が縮まるんだなって感じれます。

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました