春アオリが釣れるエギとは?

春のアオリイカは、引きが強く駆け引きが必要となるため、当たれば相当エキサイティングなエギングができるんです。

エギンガーにとっては最も人気のイカではないでしょうか。

そんな春アオリを釣るためにはどのようなエギが適しているのでしょう?

春アオリ用のエギはイカの習性と天候に合わせて選ぶ理由

天候

まず、天候はどんな釣りにとっても大きく影響する要素なのは確かなことですよね。その中でエギングをする、これは春アオリだけではなく秋アオリにも共通しますが、空が曇って光の量が減ってしまったり、雨や風で潮の流れが速くなっていたり様々です。そういった環境でも動き回れる逃げることができるような大きなエビは不自然です。そんな難しい状況のなかでは、テクニックがある人は、エギを弱っているかのようなエビの動きを演出できるかもしれませんが、初心者には強風、雨、速い潮の流れの中ではリアルなエビの動きを演出するのは相当難しいのではないでしょうか?そこを、どうするか?というのが今回の問題になりますが。そこは様々な状況に対応したエギを使うしかありません。エギのタイプは、今回は説明様々状況で春アオリを釣るのに適したエギの説明をします。

春アオリを釣るためのエギは、「大きいエギ」が良いと一般的には思われています。

習性

理由としては、交配産卵のためである。詳しく説明すると、雄は雌を他の雄と取り合いになり争いが絶えない、そのため、傷だらけの雄が多く、交配を終えると徐々に弱っていき、死んでしまいます。また雌は何度も繰り返し交配を行うためと、卵への栄養として沢山食べなければならないため、大きいエギのほうが食いつきが良いからという理由である。

そういった理由が有力だと思いますが、実際はどんなエギのサイズでも釣れてしまったりします。

を釣るためのエギの特徴を解説

活性が低い時は非ダート系・シャロータイプ

活性が低い春アオリ用のエギはこのタイプがおすすめなります。まず、エビの話しになりますが、イカの獲物となる大きなサイズのエビ、成長過程で身体が大きくなるにつれて、天敵も少なくなってきます。そのため、必死に逃げる必要が少なくなり、身体も重たくなるため動きが比較的ゆっくりになります。そして、動きにもブレが少なくなるため、大きくダート(左右に振れる)することが少なくなります。これは、天候が悪く水温が低かったり潮の流れが速いときに顕著です。他の生物にもあてはまりますよね。春アオリ自体が活性が低いときは、エビも同様に活性が下がっています。「あーダルいなーでもお腹空いたな」って思ってる時に目の前でビシビシ動かれても、「めんどくさっ!」ってなりませんか?そういったときには、非ダート系のエギを選ぶのが適しています。

シャロータイプは、非ダート系と同様ですが、ベーシックタイプのエギと比べ2〜3g軽く作られているため沈下速度がゆっくりとなり、安定した姿勢でのフォールが可能となります。イカの活性が低い時はフォール時間が長くなり、ゆっくりした動きの方がアピール時間が長くなるため適しています。しかし、軽く作られゆっくり沈むため、潮の影響を受けやすいのがデメリットですので、潮が引いている時、ベタ凪の時など海が荒れていない時が有効です。

について

晴天の時は活性が上がっているので、ダート(左右に振れる)に定評のあるエギを選ぶのが適しています。

曇りの時は

大きさについて

海水の状態について

海水に状態は、濁りによる影響が最も問題になると考えます。

濁りはイカの最大の武器である視力を奪ってしまうからです。さすがのイカでもエギが大きいから小さいから関係なく見えないものは見えません。

ラトルやパタパタがついていれば、その効果は否めませんが。

イカの状態

産卵のために、たくさん食べなければならない春アオリは、時間帯にもよると思いますが、餌となるエビや魚の活動が多いマズメに捕食することが多いと考えます。そのため マズメ以外の時間帯では 満腹になっている可能性が高く大きいエギには逆に食いつきが悪くなっている可能性が高いですし、その時間帯に餌となる大きいエビが活動している考えて動く春アオリも少ないと考えられます。

これらのことから、小さいエビに食いつきがよくなっている状態にっていることがあります。

Posted by kaufunga