【イカの触腕】


イカには足が10本あります、そのうち 長く先が丸くなっている足を触腕と言います。

ではイカの触腕は何に使うのでしょうか?

武器なのか?

イカの触腕は基本的に武器となります。触腕を使う状況は、獲物を捕獲するとき、獲物を仲間と取り合う時、敵から身を守るときに使うのが基本となります。

なので、武器かと問われれば武器だと答えます。

ですが、イカのすべてが触腕を持っているわけではないので、触腕を持っていない種類もいるので。一概には言えませんけどね。

ほとんどは武器として利用しているのではないでしょうか。

捕食時で説明すると

捕食時で説明すると、触腕の先についている鍵爪によって獲物を捕まえ残りの足で獲物を抱え込みます。あまり武器には聞こえないかもしれませんが、

触腕による鍵爪は魚やエビの皮膚に傷をつけるのには十分な威力を持っています。そのため、獲物の取り合いや敵から身を守るうえでも強い武器となります。

吸盤については、下記の記事を読んでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました