アオリイカは回遊するの?

回遊って知ってますか?

鳥でいうと、食べ物や季節、環境、繁殖のために長距離を移動することを「渡り」といいます。渡り鳥のことですね。

海洋生物の長距離の移動をといいます。

日本海側と太平洋側の差

アオリイカの回遊は日本海側では、寒暖の差が大きいため北上して太平洋側へ行く回遊と、南下して温暖地域へ行く回遊に分けられます。

日本海側では、寒暖の変化に合わせ上下に逃げるように回遊を行います。
太平洋側では、太平洋側の方が島に囲われているわけではないため、風や海流の影響を受けにくく表面温度は変化しても海底の温度変化もなだらかになり、海水温度の大きな変化がないため、大きな回遊は起きないということです。

回遊の範囲

日本に生息アオリイカは3種類に分類できますが、それらの生息域は中国沿岸からアフリカ大陸のマラウイ共和国辺りまで、と東南アジアを通って、オーストラリアの北部のあたりまで生息していることが確認されています。そのため、回遊の範囲や距離は個体によっても差があり断定できるものではないようです。

回遊の種類

基本的な「

5月から12月は水温の上昇に伴って、対馬暖流に乗って北上し津軽海峡を越えて太平洋側へと回遊します。

「寒避回遊」

1月から4月は対馬暖流の影響が強い温暖な方へと長崎県以南へ移動するため回遊します。この寒気の時期の南下を「寒避回遊」といいます。

「死滅回遊」

5月から12月の回遊で北上したイカで津軽海峡を越えられないものは、再び温暖地域を求めて南下していきますが、水温の低下に耐えられず、どんどん死んで行ってしまいます。だいたい能登半島のあたりで「死滅回遊」となる可能性が高いようです。

Posted by kaufunga