イカの新子って何?釣り方も紹介

未分類

 

 

イカの新子って何だろう?

ふと疑問に思ったので調べてみました。

 

 

Bigfin reef squid (Sepioteuthis lessoniana)

イカの新子とは?

web辞典で「新子」を検索すると

「新しく遊女や芸妓になった者。」「コノシロ、イカナゴの幼魚。」と出てきますが全く関係ありません。

イカの新子はそのままの意味で新しい子供という意味です。だいたいのイカは年魚で一年しか生きません。

そのため、毎年新しい子供が生まれてくるので新子というようです。

 

新子のサイズ

新子のサイズはイカごとで違うので、これというと決まりはありませんが色々し調べてみると、アオリイカの新子は胴長が約拇指大から最大で握りこぶし大前後のサイズのようです。

新子の確認時期は地域の水温の上昇速度によって変わるため、暖かい地域(琉球地域)では、早くて4月・5月あたりから新子が出始め北に向かっていくにつれて新子がみられる時期がずれてくるようです。

 

新子を釣るときの注意

基本的にエギングをするうえでは新子はなるべく沢山釣らず必要な分だけに抑えることで、生息数の減少を抑えるよう心掛けることが大切です。

新子を釣ってしまわないように2.5号以上のエギを使用するのもいいでしょう。

釣れてしまった場合は、目がつぶれたり、触腕が伸びきったり、千切れてしまった場合は生きていくことができないので持ち帰りましょう。

状態がいい場合でも新子は軟骨形成が出来上がっていないため、リリース時に海に投げてしまうとその衝撃で内臓にダメージを負って弱って死んでしまうこともあります。

 

まとめ

イカを釣るときは釣り上げる大きさを決めた上で、あまり新子を釣らないように心掛けたり、釣る数を決めてから行ってくださいね(=゚ω゚)ノ

コメント

タイトルとURLをコピーしました